2013年5月アーカイブ

銀行系キャッシングの審査

a1180_003635.jpg

低金利で借入が可能であり、銀行という安心感があることから高い人気があるのが、銀行系キャッシングです。比較的銀行系の金融会社が行う審査は、キャッシングの利用には審査が欠かせないとはいえ、厳しいと言われているそうです。しっかり見極める必要があるのが顧客の信用力で、低金利で融資を行い利用限度額が高いことがその理由です。審査を厳しくして融資の回収率を高めることで、低い金利を維持しているのです。

現時点で他者からの借入がないかあっても一社までで、返済履歴に問題がなければ審査に通るでしょう。可能性として、銀行系キャッシング会社の審査を通過することができるでしょう。審査では勤続年数、勤務先の規模、雇用形態などが重視されるのは、安定した収入があることが重視されるからです。審査では未婚か既婚か子供はいるか、家を持っているかなども対象になるといいます。

だいたい銀行系のキャッシング審査は厳しいものになっているようです。もしも銀行系キャッシング会社の審査に断られても、信販系や消費者金融系など審査が比較的厳しくなさそうなところに申し込むと、審査に通る可能性もあります。銀行系キャッシングは以前は審査に非常に時間がかかっていました。最近では短時間で審査結果が出るところも多く、使いやすさが増している、銀行系キャッシングです。

銀行系キャッシングとは

大手の銀行や銀行の子会社、銀行と同じグループ内の消費者金融会社が行っているキャッシングサービスが、銀行系キャッシングというものです。キャッシングの中でも三井住友銀行のカードローンやスルガ銀行のダイレクトエースは銀行が取り扱っているものです。アットローンやDCキャッシュワンというのは、銀行と同じグループや子会社が行っているキャッシングの代表です。

銀行系という事はからは、手堅く信頼性が高く、安心感があるというイメージを持つ人が多いでしょう。キャッシングは特に初めてだと不安が大きいでしょう。多くの人が安心できるところから融資を受けたいのではないでしょうか。利用限度額が高く、金利が低い傾向があるのが、銀行系キャッシングです。返済金額を低く抑えたいとい人にとって低金利であることは、金利は利息に反映されますので大切なことです。

信販系や消費者金融系でも低金利の金融商品が最近登場するようになっているそうです。絶対に銀行系だけが低金利の融資を受けることが可能とはけっして言えません。銀行系キャッシングの注意点は、審査が厳しめで時間がかかる傾向があるという点です。収入が一定していない人や、他の金融機関から既に借入をしている人もいるかもしれません。審査の段階で断られるかもしれないのが、銀行系キャッシングの場合です。

最近はクレジットカードを持っている人が珍しくありませんが、クレジットカードのキャッシング機能を使う人は少ないようです。キャッシング枠のついたクレジットカードの旨みは、一体どこにあるのでしょうか。

とくに旅行や留学などで海外に滞在するときには、クレジットカードを持参する人が多いと思います。海外旅行先で手持ちの現金が少なくなった時などは、日本のATMのように手軽に現金を出すことは困難です。便利なのが、海外でのキャッシングです。海外では現地通貨でキャッシングを行えば、外貨両替手数料がかかりません。日割での利息がつきますが、返済時の為替レートで借りたお金を返せばいいので、とても便利です。今は円高ですので、現地通貨での融資は嬉しいものです。旅行先に持って行くカードは、国際クレジットカードであることが多く、ほとんどキャッシング機能つきです。

海外へ行く場合にはクレジットカードを必ず作っておきましょう。日本国内で、銀行やコンビニのATMからお金をおろす時と同じような手数料で、海外でお金を借りることができます。キャッシングできるのが、現地の通過なので両替の手間も省けてとても便利です。クレジットカードのキャッシングを利用しながら、海外旅行を楽しむことができます。

クレジットカードを持つことは一般的になっていますが、キャッシングに使う人はまだ少ないようです。キャッシングやカードローン機能もついているクレジットカードは、とても便利な存在です。キャッシングサービスはついているけど利用するつもりはない人もいます。使わない人はクレジットカードのキャッシング機能は、カードを盗難した時や落とした時のために利用枠をゼロにしておくのもおすすめです。

クレジットカードのキャッシング枠を取りはらうにはどうすればいいでしょう。ネットで申し込むのは無理ですが、申込書でクレジットカードを作る場合には、その旨を記載しましょう。多くのクレジットカード会社は、キャッシング機能をつけないクレジットカードを出してくれます。店頭窓口でクレジットカードを作る場合は、キャッシング機能をつけたくないことを相手に伝えればいいようです。書類を送る時、メモ書きを追加するという手法もあります。

すでにキャッシング機能のついたクレジットカードを持っているという人は、カード会社に電話して外してもらいましょう。キャッシング枠を外しておけば、カードをなくしてしまってもリスクを低く抑えられるでしょう。次にクレジットカードを作るときにも審査に通りやすくなります。キャッシング機能を使う予定はないならば、クレジットカードのキャッシング機能は使えなくしておくといいでしょう。

近年では、クレジットカードを保有する人が増加しています。クレジットカードのキャッシング枠を使えば融資を受けることもできます。クレジットカード会社は、クレジットカードを使った支払いがあるとその場での支払いを肩代わりするため、カードだけで決済ができます。他にもさまざまなサービスがついています。海外旅行傷害保険の特典サービスがついていたり、利用額に応じたポイントサービスもあります。サービスのひとつが、キャッシング機能です。

クレジットカードのキャッシング機能とはなんでしょうか。クレジットカードを使っている顧客に対し、クレジットカード会社が一定の貸付条件で融資を行うというものです。利用限度額の範囲内ならぱ、クレジットカードを利用して現金を借り入れることができます。返済条件は、クレジットカード発行時に決まっています。利息をつけて、決められた期日に引き落とされます。

クレジットカードのキャッシングの場合は、あまり頻繁に借り入れするのはおすすめできません。返済日を守って借りたお金を返していたとしても、他のクレジットカードを新しく作る時に支障が出る場合があります。安易な利用は注意したほうが良いでしょう。キャッシング機能がクレジットカードについていることは多いですが、キャッシング枠はショッピング枠より額が抑えられています。