銀行系の最近のブログ記事

ノーローンの審査

a1180_001146.jpg

お得なキャッシングとして最近人気のノーローンですが、借入れをする時の審査はどういったものになっているでしょうか。ノーローンの審査を受けるときには、借りる人の名前や住所がわかるものが必要となります。運転免許証や健康保険証、パスポートなどの他に、水道料金など公共料金の領収証を使うことができます。

20歳以上69歳までの成人が利用することができるとなっていますので、ノーローンは未成年だと利用できません。継続的に一定以上の収入があることも大切です。勤務先に在籍確認をされることもありますが、会社名を名乗られることはありませんので安心しましょう。同じ勤務先には最低でも1年以上は勤務していることが望ましいといいます。200万円以上の年収があれば、パートやアルバイトの人でもノーローンを申込みできます。50万円以上のキャッシングを受けようとする際には所得証明書が必要となるので注意が必要です。

最も重要な審査上のポイントは、過去のキャッシング履歴です。その人がどのぐらい借金を有しているのか、過去に返済を滞納したことはないか、自己破産履歴などがチェックされます。他社での借り入れを入れて年収の3分の1まで借りることができますが、住宅ローンやマイカーローンは除外されるようです。ノーローンのサイトで借り入れ可能かお試し診断をすることができますので、一度試してみるのもおすすめです。

ノーローンのメリット

ノーローンは利息のかからないキャッシングとして話題になっていますが、具体的にどのような利点があるのでしょうか。ノーローンは一週間の間は無利息であるため、たとえば給料日前のような時に数日間だけという時には、たいへんお得にお金を借りられます。初めて使う人だけ利子なし、というものではありません。完全に返済が終わった後の月であれば、また7日間は無利息でキャッシングできるのがメリットです。

銀行系キャッシングであるノーローンは、金利も9.5%~18%と非常に低いものとなっています。サービス面でも即日振込やネットに銀行口座がある場合には24時間振り込み可能と非常に充実しています。返済したり借り入れしたりする場合には、最寄りのATMを利用できます。ノーローンの利用を申し込む際には、インターネット環境があるとより便利です。インターネットが使えない場合でも、自動契約コーナーがあります。

ノーローンポイントサービスは支払い利息に応じてポイントが貯まるというものですが、これはたいへんお得です。このポイントは、ネットマイルやGポイントのポイントとしてもらうことができます。クレジットカードではなくキャッシングでポイントが付くというのは、ほかにはない特徴だといえるでしょう。ノーローンの最大のメリットである7日間無利息キャッシングの特徴を生かして、賢いキャッシングをしましょう。

ノーローンとは

インターネットなどでノーローンという言葉をよく見ることがあります。新生銀行の子会社である総合金融サービス会社のシンキ株式会社が売り出している商品です。シンキ株式会社が東証一部に株式上場を果たしたのは2000年で、後に新生銀行の連結子会社となったため、ノーローンは銀行系ローンということになります。

ノーローンは、ネットで申し込むことができ、融資の即日性、低い金利、高い融資限度額などを特徴としたキャシングです。ノーローンの一番の特徴は1週間無利息という金融業界では他に類を見ないものでした。全額返済した月の翌月以降なら、何回でも無利息で借り入れ可能です。そういった特徴を持つノーローンは、すぐにでも資金が必要な人や、数日の間だけでいいのでお得なキャッシングを使いたいという人に向いていると言われます。借りた日から一週間以内に返済すれば利息がかからないからです。

ブラウザ上からノーローンのサイトを通じて、あるいは電話などを使うことで、申し込んだ日のうちに気軽に融資を受けることができるでしょう。アルバイトをしている人やパートの人であっても、お金を借りられるといいます。返済もインターネットの楽天銀行やコンビニなどのATMからすることができますので、わざわざ店舗へ出向く必要はありません。ノーローンの特徴を上手に活用してキャッシングをすれば、お得に利用することができるでしょう。

銀行系キャッシングの審査

a1180_003635.jpg

低金利で借入が可能であり、銀行という安心感があることから高い人気があるのが、銀行系キャッシングです。比較的銀行系の金融会社が行う審査は、キャッシングの利用には審査が欠かせないとはいえ、厳しいと言われているそうです。しっかり見極める必要があるのが顧客の信用力で、低金利で融資を行い利用限度額が高いことがその理由です。審査を厳しくして融資の回収率を高めることで、低い金利を維持しているのです。

現時点で他者からの借入がないかあっても一社までで、返済履歴に問題がなければ審査に通るでしょう。可能性として、銀行系キャッシング会社の審査を通過することができるでしょう。審査では勤続年数、勤務先の規模、雇用形態などが重視されるのは、安定した収入があることが重視されるからです。審査では未婚か既婚か子供はいるか、家を持っているかなども対象になるといいます。

だいたい銀行系のキャッシング審査は厳しいものになっているようです。もしも銀行系キャッシング会社の審査に断られても、信販系や消費者金融系など審査が比較的厳しくなさそうなところに申し込むと、審査に通る可能性もあります。銀行系キャッシングは以前は審査に非常に時間がかかっていました。最近では短時間で審査結果が出るところも多く、使いやすさが増している、銀行系キャッシングです。

銀行系キャッシングとは

大手の銀行や銀行の子会社、銀行と同じグループ内の消費者金融会社が行っているキャッシングサービスが、銀行系キャッシングというものです。キャッシングの中でも三井住友銀行のカードローンやスルガ銀行のダイレクトエースは銀行が取り扱っているものです。アットローンやDCキャッシュワンというのは、銀行と同じグループや子会社が行っているキャッシングの代表です。

銀行系という事はからは、手堅く信頼性が高く、安心感があるというイメージを持つ人が多いでしょう。キャッシングは特に初めてだと不安が大きいでしょう。多くの人が安心できるところから融資を受けたいのではないでしょうか。利用限度額が高く、金利が低い傾向があるのが、銀行系キャッシングです。返済金額を低く抑えたいとい人にとって低金利であることは、金利は利息に反映されますので大切なことです。

信販系や消費者金融系でも低金利の金融商品が最近登場するようになっているそうです。絶対に銀行系だけが低金利の融資を受けることが可能とはけっして言えません。銀行系キャッシングの注意点は、審査が厳しめで時間がかかる傾向があるという点です。収入が一定していない人や、他の金融機関から既に借入をしている人もいるかもしれません。審査の段階で断られるかもしれないのが、銀行系キャッシングの場合です。